ばね指

   

このようなお悩みはありませんか?

ばね指のイラスト

  • 指の曲げ伸ばしで痛みがある
  • 指をスムーズに曲げたり伸ばしたりできない
  • 指に腫れや熱感がある
  • 抑えると痛みがある
  • 湿布をしていても痛みが引かない

ばね指とは?

ばね指のイラスト

手のひら側の指の付け根の腱の通り道に、『腱鞘』と呼ばれるものがあります。これは、腱が浮き上がらないようにするためのベルトのような役割をしており、指をスムーズに動かせる構造になっています。この腱鞘と腱の間で炎症が起こると、指の動きのスムーズさが失われます。いわゆる指の腱鞘炎のような状態です。「ばね指」と呼ばれる理由は、スムーズさが失われた部分を通過した時に急に指が伸びる「ばね現象」が起こることがあるためです。

ばね指の症状

最初のうちは手のひら側に痛みが出るだけですが、症状が進んでいくと、「ばね現象」が出現するようになり、さらに進むと自力では指の曲げ伸ばしがまったくできなくなり、日常生活に影響を及ぼすようになります。

ばね指の原因

更年期や妊娠・出産後の女性に多く見られます。この時期の女性は加齢によって筋力低下や骨粗しょう症、閉経などのホルモンバランスの変化により、腱や腱鞘が弱くなっていることで傷みやすくなり、ばね指になりやすいのです。

ばね指は繰り返しやすい

ばね指に悩んでいる主婦のイラスト

ばね指は、指の使い過ぎによって起こるため、スポーツをしている方や主婦の方は日常からよく指を使うため、腱の炎症が治まらず繰り返してしまいます。
一般的には、湿布を張ったりして炎症が起こっている部分を冷やし、指を酷使しないように安静にすることが大切です。意識的に安静にするのが難しい場合は、装具を使って普段使っている指を強制的に動かさないようにされることもあります。
ただし、装着してもすぐに改善するわけではないので、長い時間装具をつけることになり、日常生活に影響が出やすくなります。炎症がひどい場合は、炎症を抑えるためにステロイド注射を行う事もあります。

当整骨院グループのばね指の施術方法

むさし鍼灸整骨院のばね指の施術写真

炎症をいち早く抑えるためにまずは、特殊な電気治療ハイボルトを使います。
また、肘から手首の血流を改善するために手技鍼灸治療を行い、自己治癒力を高めます。ばね指になってしまう原因は多数あり、指だけが原因でないこともあります。
患者さま一人一人の姿勢を分析し、同じ症状を繰り返さないように姿勢矯正を行い、骨格のゆがみにもアプローチしていきます。