外反母趾

このようなお悩みはありませんか?

外反母趾のイラスト

  • つま先の細い靴や、ハイヒールをよく履く
  • 腰痛や膝痛がある
  • 曲がった部分が靴に当たる
  • 母親も外反母趾である
  • 足の裏にアーチがなく偏平足である

 

 

 

外反母趾とは?

外反母趾のイラスト

親指の付け根がぼこっと内側に突き出す状態を外反母趾と言います。時間をかけて変形していくため、気付きにくく、曲がった部分が靴に当たりタコができるなど、爪や皮膚の病気を合併しやすくなり、歩行困難・首や肩の凝り・腰痛・膝痛などの影響が出ます。
外反母趾になってしまう原因としては、自分に合わない靴を履く・足の指の付け根で着地するペンギンのような歩き方・姿勢の悪さから重心が親指の付け根にかかることで、親指の変形を悪化させる・遺伝的な要因などがあげられます。また女性は男性よりも骨格や靭帯、筋力が弱いことから外反母趾になりやすいと言われています。

 

外反母趾がなかなか改善しない理由

むさし鍼灸整骨院グループの説明の写真

外反母趾を改善するためには、意識的な姿勢の改善が必要です。痛みが出ている原因は患者さんそれぞれ違っていて、その原因にあった根本治療が必要になるため、なかなか改善しにくいのです。
一般的には、姿勢改善のための骨盤矯正、足の裏のアーチ形成のためにマッサージや筋力トレーニングをしたり、疼痛緩和のためサポーターなどを使用し、処置を行います。

当整骨院グループの外反母趾の施術法

むさし整骨院のテーピング施術写真

痛み、炎症がひどい場合は炎症を抑えるための特殊な電気治療ハイボルトを行います。骨盤・骨格のバランスが崩れていると重心のずれにもつながるため、体のバランスを整えるためにトムソンベットで骨盤矯正を行います。正しい姿勢・重心を維持するための土台となるインナーマッスルを鍛えるために楽トレを使ってインナーマッスルを鍛えます。テーピングで変形している親指の保護やスポーツの前や旅行の前など、痛みで歩行への影響が最小限で抑えられるようにサポートします。

柔道整復師 むさし鍼灸接骨院 早田 祐太郎

執筆者:柔道整復師 むさし鍼灸整骨院 早田 祐太郎

学生時代は野球をしていて、その経験からスポーツ選手のケアを担当
鍼灸整骨院での臨床経験とスポーツ現場でのトレーナー経験をもとに社内で教育研修を担当
社内の研修では自分自身のケガの経験から、患者様の目線に立った技術指導を行なっています。

【経歴】
・福岡医健専門学校柔道整復科 卒業
・整骨院業界歴13年
・トレーナー歴13年(プロハンドボール・高校サッカー・高校野球・中学ラグビー・プロボクサー)
・2013年 むさし鍼灸整骨院 入社
・2021年 むさし鍼灸整骨院 針摺院 院長 兼任 エリアマネージャー
・2022年 むさし鍼灸整骨院 川久保院 院長 兼任 エリアマネージャー
・2023年6月 霧島むさし鍼灸整骨院 院長