逆流性食道炎

   

このようなお悩みはありませんか?

ムカムカ、腹痛のイラスト

  • 朝起きると口の中が苦い
  • 日中お腹が張って苦しくなることがある
  • 胸やのどに焼けるような痛みがある
  • お通じや便の状態が安定しない
  • のどに違和感があり咳が出ることがある

逆流性食道炎とは?

食べ過ぎのイラスト胃液による強い酸によって、食道の壁が炎症を起こすことが直接の原因ですが、身体が正常に働いていれば、胃液が食道に流れ込むことはあまりありません。

胃液の分泌が増える原因には
①食事(特に肉類や脂っこいもの)
②間食などの不規則な食事
③過度なストレス
などが挙げられます

日本人の食生活が欧米化して、動物性のたんぱく質や、脂っこいものを多く食べるようになったことも影響しているといいます。また加齢によって、胃液の逆流を防ぐ蓋が、うまく働かなくなることも原因の一つです。

逆流性食道炎がなかなか改善しない理由

飲み会のイラスト食事の時間が安定せず、ついついおやつやお菓子などを間食をしてしまう習慣がある人は、常に胃が働きっぱなしの状態で、胃液もたくさん出てしまいます。その状態で横になったり昼寝をすると、胃液が逆流して食道を傷つけてしまうことがあるのです。

また現代はストレス社会とも言われているように、心と体のバランスの乱れによって、胃液が過剰に分泌されてしまうことも多いのです。仕事終わりにやけ食いや飲酒をしてしまうと、火に油を注ぐようなもので、なかなか改善が難しいのです。

日常生活で気を付けるべきこと

和食を食べるイラスト食生活の乱れが原因の場合、胃液を増やすような食べ物を控えることが大切です。欧米食やアルコール、お菓子やおやつ、辛いものなども控えると良いでしょう。また、食後すぐに寝てしまうのも、胃液が逆流するきっかけになりかねません。食後の約3時間後を目安に就寝することがおすすめです。ストレスが原因の場合は、暴飲暴食を控え、規則正しい生活ができるように環境を整えることから始めましょう。

当整骨院グループの逆流性食道炎の施術法

当院へお越しいただく前に、まずはお近くの病院を受診することをお勧めします。精密検査の結果や、経過などで様子を見ながら、当院で行っている施術を合わせて取り入れることで、症状の再発や症状の軽減が期待できます。

むさし鍼灸整骨院グループの鍼施術写真逆流性食道炎は胃酸分泌が関わっていますので、鍼灸治療で背部のツボを刺激し、自律神経の調整を行います。
逆流性食道炎を起こす方は、猫背などで胃が圧迫されている方が多いので、トムソンベッドを用いて、全身の骨格調整を行います。
また、手技療法により循環を良くし、筋肉の緊張の改善を図ります。