肘の痛み

このようなお悩みはありませんか?

肘の痛みのイラスト

  • 重い物を持つと痛い
  • ボールを投げると痛い
  • 安静にしてても痛みを感じる
  • 物をつかんだり、コップを持つだけで痛い
  • 肘から薬指、小指にしびれが走る

お客様のお喜びの声が信頼の証です!

「膝痛・関節のお悩み」の声バナー

肘の痛みが起こる原因

肘の痛みのイラスト

肘関節は上腕骨、橈骨、尺骨の間にできる3つの関節が関節包に包まれたものです。
それぞれ3つの「骨」に付着する筋肉は肩から肘、肘から手首まで伸びています。肘の曲げ伸ばしはもちろん、肩を動かしたり手首を動かす際に肘関節の「骨」に付着する筋肉は「骨」を引っ張ります。痛みが起こる原因として、筋肉に柔軟性が欠けていると筋肉の付け根(腱)は炎症を起こし痛みが出現します。

肘の痛みが改善しない理由

肘の痛みのイラスト

肘関節の過度の曲げ伸ばしや変形性肘関節症がある場合は痛みの改善に時間がかかってしまいます。
しかし、例えば、イスに座り身体を丸くして肩を前方に挙げてみてください。肩は真上まで挙がりませんよね。つまり姿勢が悪いまま勉強やデスクワークを行うと、肩から肘、肘から手首に伸びる筋肉の付け根に負荷がかかり炎症が起こってしまいます。痛む肘関節だけを湿布やアイシングするだけでなく、姿勢を改善させる根本治療を行っていかないと肘関節の痛みは改善されません。
肩や手首、指のストレッチをこまめに行なうことや、肘関節・肩関節・手関節に動きのある運動を控えること、また、エルボーバンドやテーピングで肘関節への負担を軽減させたり、肘関節使用後のアイシングや湿布をするのが一般的な施術です。

当整骨院グループの肘の痛みに対する施術

氷のうのイラスト

当整骨院グループでは最初に整形外科的検査を行い、症状の損傷段階を把握したうえで治療を開始します。
まずはアイシングを行い、患部の炎症にはハイボルテージ治療を用いて炎症の緩和及び組織の早期再生を図ります。部活動やクラブチームに所属している選手(学生)には運動動作指導(例:投球フォーム指導)や運動前後ケア指導を行います。
一般の患者様に対しても日常生活動作指導やストレッチ指導を行っております。また、日常生活動作改善には当院オリジナルの「姿勢改善プログラム」をおススメします。痛み出現の根本的な原因を改善させましょう。

柔道整復師 むさし鍼灸接骨院 早田 祐太郎

執筆者:柔道整復師 むさし鍼灸整骨院 早田 祐太郎

学生時代は野球をしていて、その経験からスポーツ選手のケアを担当
鍼灸整骨院での臨床経験とスポーツ現場でのトレーナー経験をもとに社内で教育研修を担当
社内の研修では自分自身のケガの経験から、患者様の目線に立った技術指導を行なっています。

【経歴】
・福岡医健専門学校柔道整復科 卒業
・整骨院業界歴13年
・トレーナー歴13年(プロハンドボール・高校サッカー・高校野球・中学ラグビー・プロボクサー)
・2013年 むさし鍼灸整骨院 入社
・2021年 むさし鍼灸整骨院 針摺院 院長 兼任 エリアマネージャー
・2022年 むさし鍼灸整骨院 川久保院 院長 兼任 エリアマネージャー
・2023年6月 霧島むさし鍼灸整骨院 院長