ヘルニア

   

このようなお悩みはありませんか?

腰痛のイラスト

  • 腰に痛みやしびれがある
  • 長時間立っているのがつらい
  • 座った状態から立ち上がることが難しい
  • 咳やくしゃみで激痛が走る
  • 寝返りをうつのが困難である

なぜヘルニアになってしまうのか?

椎間板ヘルニアのイラスト

ブロックのように積み重なった椎骨という骨の間に椎間板というクッションがあり、この椎間板が加齢や生活習慣が原因で潰れて飛び出すことで、背中側を走る神経を圧迫し、腰痛やしびれを引き起こします。
椎間板は縦方向の力には強く、捻りや曲げる動きには弱い構造になっています。そのため加齢やスポーツでの負荷がかかりすぎると発症してしまう事が多くなります。また骨盤・骨格のゆがみや、インナーマッスルの低下によって椎間板にかかる負荷が大きくなり、ヘルニアを引き起こすリスクが高まります。

椎間板ヘルニアがなかなか改善しない理由

ヘルニアのイラスト

日常生活で腰にかかる負担が大きかったり、筋力の低下により内臓を支えられないため圧迫されることや、腰回り臀部、足の筋肉が硬い、骨盤のゆがみ、姿勢の乱れなどによって起こるため、なかなか改善することが難しいのがこの「ヘルニア」。
手術をして飛び出した髄核を除去しても、一度椎間板に空いた穴は塞がらないので、同じ負荷がかかってしまうと、再発する可能性もあります。
一般的には、マッサージ・コルセットによるサポート・牽引・手術・筋力トレーニングで体幹を強化する施術が行われます。

 

当整骨院グループのヘルニアに対する施術方法

むさし鍼灸整骨院のはり治療の写真

腰部や臀部の筋肉の硬さには手技鍼灸治療が効果的です。お尻周りから太ももにかけての筋肉の硬さは坐骨神経痛も引き起こすため、血流の改善をして自己治癒力も高めます。
また、骨盤・骨格のゆがみは筋肉を引っ張り余計に椎間同士の圧迫を強めてしまうため、姿勢の分析をしたうえで、トムソンベッドを使って骨盤・骨格のバランス調整を行います。
その骨格を支える土台となるインナーマッスルが低下していると、正しい姿勢の維持が困難となるため、楽トレを行い姿勢維持筋であるインナーマッスルをトレーニングします。