すべり症

   

このようなお悩みはありませんか?

お尻・腰の痛みのイラスト

  • 慢性的な腰痛がある
  • お尻から足にかけて痺れている
  • 腰を反らすと痛い
  • 周囲の人から坐骨神経痛と言われる
  • 長い距離を歩けない

腰椎すべり症とは?

腰椎すべり症のイラスト

腰椎すべり症を発症する明らかな原因はわかっていません。腰椎にはお尻や足に伸びる神経が出ており、この神経が通る孔を「脊柱管」と言います。「すべり症」では腰椎がズレる事によって脊柱管が狭くなり、神経を圧迫するため症状がでます。

腰椎すべり症がなかなか改善しない理由

脊柱管狭窄症・腰の痛みのイラスト

腰椎すべり症は自然に改善することはありません。ですので、腰椎すべり症によって引き起こされる症状も自然には改善しないということです。腰椎が腹部側や背部側に滑っていくため、滑り防止を目的に腰や腹部周りの筋肉を鍛えて腰部への負担軽減につなげていきましょう。放置しておくと症状は悪化していく一方です。一般的な処置としては、コルセット・ブロック注射・外科的手術などです。

当整骨院グループのすべり症に対する施術方法

むさし鍼灸整骨院の施術写真

当整骨院グループでは最初に整形外科的検査を行い、症状の損傷段階を把握したうえで治療を開始します。姿勢分析を行い膝、腰、骨盤、足関節の位置を把握した上で患者様に必要なメニューを選択し治療していきます。

身体の中の筋肉(インナーマッスル)が硬化してしまっているため、ハイボルトという機械を使い、特殊な電流の刺激によって体の内側の筋肉を動かしていきます。
また、筋肉の硬さが強くなることで血流が悪くなり、痛みに繋がる場合もありますので鍼灸治療によって内側の筋肉を緩めたり、血流を効果的に改善させていきます。
内側の筋肉が固まると腰を支えられなくなってしまうため、楽トレという機械を使い、内側の筋肉を強化し、すべってしまっている部分がそれ以上すべらないように強化します。