交通事故・むち打ち・リハビリに自信あり

交通事故・むち打ち

交通事故によるケガ・負傷むちうち専門サイトはこちら

   

このようなお悩みはありませんか?

車同士の追突事故のイラスト

  • むち打ちがひどくズキズキした痛みがずっと続いている
  • 頭痛と、めまいで歩くとふらつき外出ができない
  • 首を動かすと痛みがあり、仕事でも困っている
  • 湿布だけ渡されて今後の対応に不安を感じる
  • 自賠責保険、任意保険についても相談したい

交通事故によるむち打ちが長引く理由

むち打ちは「首の捻挫」…放っておかずに来てください。

可動域の確認の写真事故のあとに整形外科にいきレントゲンで見てもらい「特に異常はありません」と言われたあとも痛みが続き日常生活に支障が出てお困りの方がいらっしゃいます。

むち打ちは「頸椎捻挫」と呼ばれ首が捻挫した状態です。

特に事故のむち打ちは追突事故によるものが多いです。

追突事故の特徴は突然、強い衝撃がくるので身構える時間がなくダイレクトに身体に強い負荷がかかるので、首がムチのようにしなり捻挫のような損傷が起きます。

首や周辺の筋肉、神経が傷つき、さらに骨格のズレも起きてしまいます。

神経の損傷はめまいしびれ気分の落ち込み集中力が続かないといった事故に遭った本人しか気づかないような不調となって現れる場合があります。

筋肉の損傷は日数がたてばある程度の痛みは引きますが、首には重要な神経が多く、さらに頭に近い部分なので痛みへの感度が高くズキズキする、重くて怠いといった不快感がいつまでも続きます。

骨格の大きなズレはもちろんレントゲン、MRIで判明しますが、微細なズレは実際に手を当てて触れ分かる場合があります。

首の骨格の数ミリのズレでも筋肉や神経を圧迫するので、頭痛吐き気全身の痛みといった原因がよく分からない不調にもつながります。

整形外科、整骨院にはそれぞれ得意な分野があります。

整骨院が得意しとしているのは、レントゲンでは分かりにくい筋肉、骨格に関わる全身の施術を得意としています。

また、事故の痛みの特徴はお一人、お一人、事故に遭った状況やこれまでの経緯が異なるため、初めにお話しを伺う時間を長くとっております。

プライバシーに配慮して個室でじっくり伺いますのでどんなお悩みでもご相談頂けます。

事故直後からできる!むち打ち施術

事故の怪我の回復には初めの3ヶ月が大切です。

怪我のイラスト目安として怪我の状態が

中程度の場合:4ヶ月~5ヶ月

軽度の場合:1ヵ月~2ヶ月

かかります。

事故から数日たって痛みが出る理由

事故の直後は身体が緊張、興奮状態でアドレナリンが放出されているため、痛みを感じにくくなっています。

翌日や数日たってから身体が落ち着いてくると、ズキンとした痛みや身体を動かしたときに「あれ?こんなところ打ったかな?」という感じで後から気づくことがほとんどです。

交通事故の怪我は長期になることがあります。

早い段階から来て頂くと、整形外科と併用しながら通いやすいように配慮致します。

「事故直後は安静に」と言われますが、当整骨院グループでは初期の段階から機器や手技を使い腫れや痛みを軽減させる施術をします。

機器の施術ハイボルテージという機器は高い周波数のため筋肉の深部に届きやすく、また他の部分に負担をかける事が無いので事故直後からので使う事ができます。

痛みの根っこを狙ってあてていくので、何もしないでいる状態よりも早く痛みを軽減できます。

早く痛みがとれると、次の手技による施術もスムーズに行えるようになり、トータルでみると早期回復につながります。

交通事故は首以外にも全身に衝撃を受けているので、全身をみて骨格のズレやバランスが崩れていないかをみていきます。

痛みに気をとられて、骨格や身体のバランスまで目が行き届かず放置される方が多くいらっしゃいます。

痛みがとれれば終了ではなく、事故によって起きた身体の異常は修復しておかないと後遺症になる事もあります。

「我慢すれば大丈夫」「忙しくて放っている」

という方でも「土日祝もオープン」「予約制」を導入しておりますので辛い待ち時間も無くすぐに施術を受けていただけます。

保険について

手間と時間がかかる交通事故の保険のこと

交通事故の後、まだ身体が辛い状態でも保険会社とやり取りしなければなりません。

当整骨院グループでは多くの交通事故に遭われた方を施術してまいりました。

各店舗の様々な事例を共有しスタッフ教育に活かしているので、怪我だけでなく保険に関係するご相談もお気軽にお尋ねください。

事故の怪我、特にむち打ちは首以外にも不調が起きやすい怪我です。

外からは分かりにくく相談できる相手も限られます。

1人で抱え込まず一緒に解消していきましょう!