腕のしびれ

   

このようなお悩みはありませんか?

腕のしびれのイラスト

  • 長時間パソコン操作をしている
  • 常に肩が凝っている
  • 肩から腕にかけてしびれや疼痛がある
  • ストレスが溜まっている
  • マッサージをしてもよくならない

腕のしびれってどんな症状?

胸郭出口症候群

手のしびれのイラストつり革につかまる時や、物干しの時のように腕を挙げる動作で上肢のしびれや肩や腕、肩甲骨周囲の痛みが生じます。また、前腕尺側と手の小指側に沿ってうずくような、ときには刺すような痛みと、しびれ感、ビリビリ感などの感覚障害に加え、手の握力低下と細かい動作がしにくいなどの運動麻痺の症状があります。
首が長く、なで肩の女性では肩甲骨が下垂しやすく、上肢が下方に引っ張られることで、神経の圧迫が起こり、発症しやすくなります。
また、筋肉質の男性では、発達した筋肉により神経や血管が圧迫され発症しやすくなります。

頸肩腕症候群

肩から腕にかけて痛みやしびれが生じます。痛みは軽いものから耐えられないような痛みまで程度はそれぞれです。一般に、首を後ろへ反ると痛みが強くなるので、上を向くことや、うがいをすることが不自由になります。明確な原因はありませんが、前傾姿勢など一定の姿勢で長時間手指を使う作業やデスクワーク、ストレスなどで好発します。特に若い女性に多いのが特徴です。

腕のしびれがなかなか改善しない理由

マッサージや入浴など凝り固まっている筋肉を緩めることで血流を改善することはできますが、仕事の作業内容や作業中の姿勢、生活環境などとの関連が考えられるため、作業環境の改善や姿勢の改善、休息時間・環境の確保も必要となります。
一般的には、入浴など温熱療法・マッサージ・筋弛緩薬投与などの施術方法があります。

当整骨院グループの腕のしびれに対する施術

むさし鍼灸整骨院グループの楽トレの施術写真

患者さんそれぞれの姿勢の分析を行い、首から肩・腕にかけて神経や血管を圧迫している筋肉を猫背矯正でストレッチしながら、正しい位置に戻していきます。
硬くなっている筋肉には手技で血流を改善し、ストレスや休息環境を整えるためにはり・きゅう治療で自律神経の乱れへのアプローチを行います。骨格を支える土台となるインナーマッスルを楽トレという機器で強化し、作業中の悪い姿勢の回避ができるようにサポートします。