TFCC損傷

   

このようなお悩みはありませんか?

手の痛みのイラスト

  • 手首の小指側が痛い
  • 手を着くと痛い
  • ドアノブを回すと痛い
  • 重たい物を持つと痛い
  • 周囲の人から「腱鞘炎」と言われた

 

 

TFCC損傷とは?

TFCCとは、正式名称を「三角線維軟骨複合体(Triangular FibroCartilage Complex:TFCC)」といいます。三角線維軟骨はTFCCの先にある手根骨という複数の骨を支えるクッションの役割を持っています。そのクッションが手を着くなどの外傷によって損傷し、手首を動かすたびに痛みが起こるのです。

TFCC損傷の原因

野球のイラスト手首への強い衝撃や繰り返しかかる負荷(使いすぎ)によって起きる為、テニス・ゴルフ・バレーボール・野球などのスポーツが原因となることが多いです。また、交通事故などの外傷加齢による変性損傷によって発症することもあります。

TFCC損傷の症状

多くの場合は、症状が見られないことがありますが、損傷の度合いなどにより手首の小指側に痛みが生じます。特にタオルを絞ったり、ドアノブを回したりする動作や、重い物を持つ動作、また手首を小指側に倒す動きや手首を捻る際に痛みが生じます。
症状が強い場合は安静にしていても痛みが出たり、動作の開始時に手の抜ける感覚を感じることもあります。また、手首の腫れ、可動域の制限などの症状もあります。

TFCC損傷がなかなか改善しないのはなぜ?

手の痛みのイラスト

TFCC損傷はケガや手首の使い過ぎなどによって起こるため、放置しても改善は見られません。使いすぎを防止し、安静にして過ごさなければ、症状がどんどん進行していきます。
日常生活において手首を動かさない日はないと思いますのでサポーターを巻いたり、運動制限を行い局所の安静を図ります。一般的な処置としては、サポーターや運動制限、ステロイド注射、内視鏡手術などがあります。

当整骨院グループのTFCC損傷の施術法

むさし鍼灸整骨院グループのハイボルト施術写真

当整骨院グループでは最初に整形外科的検査を行い、症状の損傷段階を把握したうえで治療を開始します。アイシングを行い、患部の炎症にはハイボルテージ治療を用いて炎症の緩和及び組織の早期再生を図ります。痛みに対してははりきゅう治療を行い、深層組織へのアプローチを行います。