オスグッド

   

このようなお悩みはありませんか?

学生の膝の痛みのイラスト

  • 痛みで正座ができない 
  • 膝のお皿の下が突出してきた
  • 膝のお皿の下が赤く腫れて、熱を持っている
  • 運動を休むと痛みが無くなる
  • ジャンプした時に膝に痛みが出る

オスグッドとは?

サッカーのイラスト10~15歳の成長期の子供が、ジャンプやボールを蹴るスポーツをし過ぎると発生します。太ももの前の筋肉(大腿四頭筋)は膝のお皿を通り、腱となりスネ(脛骨)に付着します。
膝を伸ばすたびに腱が脛骨を牽引する為、柔らかい成長軟骨が剥がれてお皿の下が隆起していきます。

オスグッドの症状

オスグッドは、膝に痛みや腫れが生じることが多く、膝下に突起物ができる特徴があります。また、正座することが難しくなったり、膝を動かしにくくなるなどの症状もあります。腫れとともに熱も帯びるため、気だるさも感じやすくなります。

オスグッドは成長痛とも勘違いされやすい病気なのですが、膝下にできる突起物はオスグッド病特有の症状であるため、成長痛かどうかの判断材料にすることができます。そして、運動後痛みが引くのが成長痛であり、長く続く場合はオスグッドと言われていますので、それも1つの判断材料になるでしょう。

オスグッドがなかなか改善しない理由

準備運動のイラスト成長期の一過性の病気で、成長が終了すると多くは治癒します。太ももの筋肉(大腿四頭筋)の柔軟性がないまま過度な運動を行っている為、症状改善に時間がかかってしまうのです。

この時期は運動を控えることが大切です。症状を強くさせない為にも、ストレッチや運動後の温冷、マッサージを行いましょう。

当整骨院グループのオスグッドの施術法

むさし鍼灸整骨院の鍼施術写真当整骨院グループでは、整形外科的検査法の元にどの症状かを判断させて頂きます。
症状に応じて、可動域の向上・筋力の強化・負傷した骨、筋力、腱の再生を図る特殊電気などで施術をいたします。
特殊電気の通電を行い、反応点へ手技療法や深部筋・腱へのアプローチ、疼痛緩和を目的に鍼灸施術を行います。