ゴルフ肘

   

このようなお悩みはありませんか?

ゴルフ肘のイラスト

  • 野球の練習で投球動作後に痛みが出る
  • ゴルフのスウィングを思いっきりしたい
  • 荷物を運ぶのがツラい
  • 一時的に痛みがなくても繰り返し痛みが出る
  • どこで診てもらったらいいかわからない

ゴルフ肘とは?

ゴルフのイラスト

上腕骨の内側に付着する円回内筋や手関節の屈筋群の腱に炎症や編成が生じるものを上腕骨内側上顆炎と言います。ゴルフや野球などのスポーツでの発症が多いため『ゴルフ肘』と呼ばれることもあります。
スポーツや日常生活動作による使い過ぎが原因とされています。『テニス肘』でもあるように身体・姿勢のバランスや肩甲骨の使い方が乱れると肘に対しての負担が大きくなります。

なぜゴルフ肘は、なかなか改善しないのか?

むさし鍼灸整骨院のトムソン施術の写真

筋肉の使い過ぎによって起きている炎症を抑えるには、患部を安静にすることが大切です。しかし日常生活において肘の曲げ伸ばしや手首を動かすことを完全に制限することが難しい方が多いため、痛みが軽減するのに時間がかかってしまいます。
また一時的に炎症が軽減しても、根本となる姿勢の乱れ、関節のバランスの悪さがあると、また痛みを繰り返してしまうことにもつながります。炎症が起きている間は、できるだけ患部の安静を保ち、日常生活で負荷のかかる動作を避ける事、そして症状を繰り返さないためには姿勢の改善や筋力強化が必要になります。
一般的には保存療法が用いられます。患部の安静、テニス肘バンドの装着、日常生活指導、ストレッチ、ステロイド注射などが用いられ、多くが6か月以内に軽減します。難治性の場合は、手術を選択することもあります。