テニス肘

   

このようなお悩みはありませんか?

テニス肘のイラスト

  • 雑巾を絞ったりする時に肘に痛みがある
  • 荷物を持ち上げる時に肘に痛みがある
  • 手に力が入りづらくなってきた
  • なかなか痛みが改善しない
  • 手術はしたくない

テニス肘とは?

肘の痛みのイラスト

上腕骨の外側に付着する手関節、手指の伸筋群の腱に炎症が生じて、肘の外側に痛みを訴える疾患です。テニスプレイヤーの発症が多いことから『テニス肘』とも呼ばれていますが、テニスとは無関係にゴルフなどのほかのスポーツや日常生活動作、労働でも発症します。30~50代の女性に多く、手をよく使う方に発症しやすいです。「雑巾を絞る」「重い物を持ち上げる」「テニスのバックハンド」など肘関節伸展、前腕回内、手関節伸展になった時に痛みが生じやすくなります。
30~50代の女性に多い理由として考えられるのは、まず筋力の低下がみられること、そして日常生活の家事の姿勢において猫背の姿勢になる機会が多いことがあります。猫背の状態になると、肩が前に入り込んだような状態になり、身体のバランスが崩れた状態で家事を続けることで、更に腱が肘の関節と摩擦を起こしてしまい炎症を起こすようになります。

テニス肘が中々改善しない原因

むさし整骨院グループの施術写真

筋肉の使い過ぎによって起きている炎症を抑えるには、患部を安静にすることが大切です。しかし日常生活において肘の曲げ伸ばしや手首を動かすことを完全に制限することが難しい方が多いため、痛みが軽減するのに時間がかかってしまいます。
また一時的に炎症が軽減しても、根本となる姿勢の乱れ、関節のバランスの悪さがあると、また痛みを繰り返してしまうことにもつながります。炎症が起きている間は、できるだけ患部の安静を保ち、日常生活で負荷のかかる動作を避ける事、そして症状を繰り返さないためには姿勢の改善や筋力強化が必要になります。
テニス肘の施術では、一般的には保存療法が用いられます。患部の安静、テニス肘バンドの装着、日常生活指導、ストレッチ、ステロイド注射などが用いられ、多くが6か月以内に軽減します。難治性の場合は、手術を選択することもあります。

 

当整骨院グループのテニス肘施術

むさし鍼灸整骨院の楽トレの施術写真

ハイボルトという特殊な機械の電流で組織を活性化して自然治癒力を高める働きがあります。また、血行が促進されて発痛物質が排出されるため、痛みの緩和にも有効です。マイクロカレントという機能では極めて弱い電流を使用します。からだへの刺激感はほとんどなく、神経や筋を興奮させないので、受傷直後の痛みにも使用可能です。炎症が落ち着いて回復期に向かう時期には手技で患部周囲の筋肉の血行を促進することが必要です。また鍼灸治療では損傷部分に血流を集めてくれ自己治癒力を高めます。猫背の状態が続くと肘の負担が大きくなってしまうので、今後痛みを繰り返さないためにも猫背矯正を行います。姿勢を支える土台となるインナーマッスルを楽トレという機械で強化し根本改善を目指します。