野球肘

   

このようなお悩みはありませんか?

肘の痛みのイラスト

  • ボールを投げたら痛む
  • 肘を伸ばすと痛む
  • 投球後に腕~手先が痺れる
  • 肘を曲げると痛む
  • 手に力が入らない

野球肘とは?

肘の靭帯のイラスト

野球肘は名前のごとく、野球によるスローイング動作、特に成長期の投手に多く発生するオーバーユース(使いすぎ)に起因し、投球側の肘の①内側、②外側、③肘頭に発生する投球時の疼痛が主症状であるスポーツ障害です。
徐々に発症する場合が多く、慢性化しやすいため肘の疼痛が出現したら注意を要します。投球動作の加速期(acceleration)は肘関節屈曲、外反、前腕回外位をとります。

内側型は肘の内側部が投球動作時に回内屈曲筋によって牽引力が加わり、回内筋群や内側側副靱帯、尺骨神経がストレッチされ、内側に微細損傷が発生します。重症例では上腕骨内側上顆(じょうか)が牽引力によって剥離骨折を起こします。

外側型は逆に、肘外側にある上腕骨小頭や橈骨(とうこつ)に圧迫力が加わり、骨の壊死、欠損、遊離体などの離断性骨軟骨炎が発生します。

後方型は減速期(follow-through)に肘伸展位で、尺骨肘頭に牽引力が加わり剥離や疲労骨折などの変化をきたします。

野球肘の症状

内側型では明らかな肘内側の圧痛、腫張(しゅちょう)、投球時の肘痛、肘の可動域制限、時に小指側のしびれ感が出現します。外側型では肘外側の疼痛に加え、ロッキング症状を呈することがあります。後方型では肘後方の圧痛、投球時痛、ロッキング症状を呈します。

野球肘がなかなか改善しない理由

野球のピッチャーのイラスト肘関節の周囲の軟部組織及び筋肉は下半身に比べて弱いうえに、日常生活で肘関節は使う事が多いために安静にすることが困難な部分があります。安静にした場合でも筋肉が薄いために関節の拘縮も起こり易くなるのも要因になります。
そのほかとしては部活動生などは練習を休む事が出来ずに初期段階の症状でも安静及びリハビリの期間が中々とる事が出来ない状況も要因の1つです。

一般的な対処法としては、主原因であるオーバースローのピッチング動作の休止を徹底します。また、投球後のアイシングを徹底します。
骨変化が認められる場合は、3ヵ月以上のスローイング動作の休止が必要です。骨に変化をきたしている場合は、最低1-3年ぐらいのフォローアップが必要です。遊離骨片によって肘がロッキングしている場合は、骨片摘出手術が必要となります。

当整骨院グループの野球肘の施術法

むさし整骨院グループのハイボルト施術写真当整骨院グループでは、整形外科的検査法の元にどの症状かを判断させて頂きます。症状に応じて、可動域の向上・筋力の強化・負傷した骨、筋力、腱の再生を図る特殊電気などで施術をしていきます。

経過観察の元に症状経過が著しいもの、初見の段階で症状が悪いものに関しては専門医への紹介をさせていただきます。