変形性股関節症

このようなお悩みはありませんか?

お尻・腰の痛みのイラスト

  • 靴下を履くのがツラい
  • 車に乗る際に股関節に痛みがある
  • 足の爪切りがツラい
  • 掛布団を足で退ける事が出来ない
  • 急に体重が増えた

お客様のお喜びの声が信頼の証です!

「膝痛・関節のお悩み」の声バナー

変形性股関節症とは?

変形性股関節症のイラスト

変形性股関節症とは、変形性膝関節症と同様、関節軟骨の退行性変性をきっかけに股関節の関節破壊、変形をきたす疾患です。40~50歳以上の女性に多く、重量物取扱い作業の方、肥満、加齢などに関連しておきる一次性と、寛骨臼形成不全や発育性股関節形成不全、大腿骨頭壊死、股関節の脱臼・骨折などに関連する二次性のものがあります。日本では二次性のものが大半を占めます。
初期には、運動開始時や荷重時の疼痛が特徴です。進行すると、持続的に痛みがあったり、安静時や夜間痛、股関節の可動域制限が出現し、さらに歩行時の痛み・関節の変形をきたします。

 

変形性股関節症が改善しない理由

変形性股関節症のイラスト

股関節を形成する関節の隙間が狭くなってたり、ぶつかってしまっている状態なので、股関節に負担をかける原因を取り除いたり、それ以上負担がかからないように股関節の安定をする必要があります。日常的に股関節の可動域は大きく、荷重のかかりやすい関節であるため、その病期によって適切な対応をしないとかえって症状を悪化させることに繋がることもあります。
疼痛の軽減や症状の進行の予防を目的に、一般的にはまず保存療法を行いますが、進行がみられる場合には手術を選択することもあります。
治療方針をたてる際には病期のほかに、年齢や性別、関節面の適合性、他関節の状態などを考慮する必要があります。保存療法・減量などの日常生活指導で股関節にかかる負担の軽減をし、股関節の安定性を改善するために股関節周囲の筋力強化などの運動療法や装具療法による股関節の可動域制御・固定をしていきます。ただし関節可動域訓練は関節の炎症を悪化させることもある為、慎重に行う必要があります。

当整骨院グループの変形性股関節症の施術方法

むさし鍼灸整骨院の変形性股関節症の施術写真

股関節に負担をかける筋肉の硬さに対して手技・鍼灸の施術でアプローチしていきます。また、股関節の炎症をいち早く抑えるのに特化したハイボルトという特殊な電気治療を行います。炎症の起きている股関節だけでなく、負担のかかっている筋肉の深部の硬さにも効果的です。さらに、楽トレを使って骨盤の安定に必要なインナーマッスルのトレーニングします。筋力低下を起こしている臀部の筋肉強化で、股関節を安定させます。

柔道整復師 むさし鍼灸接骨院 早田 祐太郎

執筆者:柔道整復師 むさし鍼灸整骨院 早田 祐太郎

学生時代は野球をしていて、その経験からスポーツ選手のケアを担当
鍼灸整骨院での臨床経験とスポーツ現場でのトレーナー経験をもとに社内で教育研修を担当
社内の研修では自分自身のケガの経験から、患者様の目線に立った技術指導を行なっています。

【経歴】
・福岡医健専門学校柔道整復科 卒業
・整骨院業界歴13年
・トレーナー歴13年(プロハンドボール・高校サッカー・高校野球・中学ラグビー・プロボクサー)
・2013年 むさし鍼灸整骨院 入社
・2021年 むさし鍼灸整骨院 針摺院 院長 兼任 エリアマネージャー
・2022年 むさし鍼灸整骨院 川久保院 院長 兼任 エリアマネージャー
・2023年6月 霧島むさし鍼灸整骨院 院長